選択肢

まさかまさか
先日から私が語り始めてやまない
私の同世代たちが(←いつの間に勝手に仲間感)
次々と新たな選択を始めています…

タッキー&翼の解散。
そして翼くんは退所。
タッキーは引退…

いやいやもう衝撃過ぎて。
解散というのは、
もう昨年から事実上の解散じゃないかって思ってたし驚かなかったけど。

ふたりのそれぞれの進路が…

翼くん、確かに最近はフラメンコに傾倒してて、ジャニーズのカテゴリーからはちょっと離れたところにいってたしね。
なんかわからんけど色んな大人の事情というか…しがらみを捨てたかったのかなぁ…
病気の治療云々、というのは事務所に在籍しながらでも出来ることなのに、そこを“男としてのけじめ”と言って辞めてしまうあたり、何か他にも理由が…?なんて勘ぐってしまう。

タッキーは“引退”っていう思いきった決断をして。

私、タッキーは大好きです。
(突然の告白っ笑)

っと前置きしておいて。
ちょっと悪口言うと。

歌もイマイチ、
ダンスもずば抜けて!ってほどでもなく、
演技もパッとせず、
MCやっても突出するほどのものもなく…
っていう。

でも、なまじ彼の整いすぎた
ザ・ジャニーズな男前の顔があるもんだから。
なんとなく芸能活動は続いてきたんじゃないかと。
ましてジャニーズJr.時代は絶対的なエースで、あれだけの人数をまとめ上げてたっていうその栄光が強すぎてね…

タッキーが“嵐”になれなかったのはそこかな、って。
いや、実際に嵐のメンバーになれなかった、ってことより、
嵐が爆発的な人気を得たのは
各メンバーが各方面に抜きん出た才能を発揮できたからなんじゃないかと。
大野くんのダンス、
ニノの演技、
翔くんのキャスター、
松潤…あれ?えーと花男とかの?スター性的な?あ、あとライブのプロデュースもタッキー仕込みで頑張ってたか。
相葉ちゃんは…えーと、志村どうぶつ園的な。柔軟なバラエティー適応力ってかんじかなぁ。

タッキーは、表現者としてまんべんなくできるんだけど、
平均点を越えられなかったかな、って。

でもジャニーさんも認めるプロデュース能力、後輩たちの育成能力があるんなら、
むしろ裏方の方が輝くんじゃないかと…

だとしたら、表舞台で観られなくなるのはすごく寂しかったけど、
応援しよう、って気になってきた。

ていうか、最近はプロデューサーでもメディア露出すること多いしね、小室哲哉とか、つんくとか(笑)
サンチェ先生とか(笑)

そんなかんじでまた姿を観られたら嬉しいなぁ。

我々世代の考え方として、
もはや“終身雇用”なんてものは絶対的なものではなくなっていて。
昔はガマンしてでも置かれた立場で働き続けることが美徳されてきたけど
今はベストな場所を模索するために転職という選択をする人も多くて。

それはジャニーズでも同じで
少年隊やTOKIOみたいに
“歳を取ってもいかにアイドルとして輝き続けられるか”を模索する世代があって(もちろんそれが古い、間違ってるなんて言うつもりはありません)

そして我々世代のすばるは、自分らしいスタイルを求めて辞めていくし、
タキツバもそれに触発されたのか…
前々から秘めてきた想いかは知らんけど
ふたりも思いきった選択をした、と。

それもまた人生だよね。
それぞれの。
思い詰めてクサるより、
思いきって舵を切った方が絶対良いって。

それにしても…
今回の発表の段取りだけは納得いかないんだよ…
先に解散しちゃって、数日後にしれっと報告って。
それなら一年前の活動休止のタイミングで、
みんなさよならー!って、解散ライブして(実際は翼くんの体調の問題もあるけどさ)
華々しく、気持ち良く終えてほしかったよ…
それはSMAP解散、分裂のときにも思ったけど
アイドルなら最後までアイドルらしく夢を見させて欲しかったよなぁ…

百恵ちゃんみたいにステージにマイクを置いて去ってほしいわけよ、ファンとしては。
安室ちゃんも潔い去り方よねぇ…

タキツバも最後ぐじゅぐじゅってなっちゃって、
そうするとやっぱりジャニーズの裏のドロ臭い部分を想像せざるを得ないし。


何はともあれ、これからの新たなタッキーと翼くんに、幸多かれと願うばかりです…
以上で、ふたりへのはなむけのことばとさせて頂きます。

…急にスピーチ!!